社会福祉法人 壷阪寺聚徳会 知的障害者更生施設 奈良県立明日香園 知的障害を持つ人たちに、家庭的な温かさで接したい
〒634-0141
奈良県高市郡明日香村川原263−1
E-mail:asukaenm@nike.eonet.ne.jp
電話:0744-54-4148
FAX:0744-54-4194

明日香園の概要
社会福祉法人 壷阪寺聚徳会 明日香園の概要

明日香園は、日本の古里といわれる明日香村にあり、主要道路から少し離れた自然環境に恵まれた地域に建っています。ここは、知的障害者と視力障害など複数の障害をあわせ持つ、重複障害者も受け入れられる県立の施設として、平成2年8月に開設されました。この施設では、家庭における生活を基本とし、知的障害の程度により機能訓練を行ったり、軽作業を通じて社会生活に参加するなど、知的障害者の更生と保護を目的とした取り組みが行われています。また、歩行訓練を兼ねた空き缶拾いも周辺環境の美化と資源回収といった社会奉仕の一環として、長く続けられている活動です。利用者たちを温かく見守る生活支援員は、一人ひとりの障害を深く理解し日々の生活を大切にするとともに、心身ともに健全に過ごせるよう、万全の気配りをしています。


施設での生活
社会福祉法人 壷阪寺聚徳会 明日香園 施設での生活

明日香園は入居型の施設で、利用者の障害の程度によって「ひまわり」「たんぽぽ」「こすもす」「すずらん」の4つのホームを形成する小舎制を採り入れています。ここでは、それぞれをひとつの家庭と考え、各ホームと一人ひとりの個性や心身の状態を把握し、各人の適性に応じた生活や訓練、および作業を行っています。


明日香園の設備など
社会福祉法人 壷阪寺聚徳会 明日香園 設備
定 員 70名(緊急一時保護、男女各2名
敷地面積 13,453平方m
建物面積 2,287平方m
建物構造

居室
洋室(1人部屋)---10室
洋室(2人部屋)--- 8室
洋室(3人部屋)---16室
付属設備


ご利用案内
◎支援費制度について
 近年わが国においても障害者の福祉に関して、生活支援という面だけでなく、自立と社会参加を促進するため、障害のある人が障害のない人と同等に生活、活動できる社会を目指す「ノーマライゼーション」の理念を実現させることが求められています。
 支援費制度では、利用者である障害のある人が、事業者との対等な関係に基づき、自らサービス提供者を自由に選択し、契約によってサービスを利用することとなります。
 これにより、障害ある人の個人としての尊厳を重視した21世紀にふさわしい、福祉サービスの利用制度となることを目指しています。
社会福祉法人 壷阪寺聚徳会 明日香園 支援日制度の枠組み

◎入 所
入所対象者 18歳以上の知的障害をお持ちの方(15歳以上の方もご利用できますので、市町村役場にお問合せくだい)
ご利用手続き (1)お住いの市町村役場で、施設入所利用の申請(施設訓練等支援費の支給申請)を行って下さい。
(2)市町村役場の担当者がご本人と面接(聴き取り調査)を行ったうえで、支援費の支給決定を行い、「知的障害者施設受給者証」が交付されます。
(3)明日香園へ入所または通所を希望される場合は、上記「受給者証」をお持ち下さい。
(4)当園の定員に空きがある場合は、「サービス利用契約」を結び、ご利用を開始いただきます。
ご利用料金 ご利用料金は、各市町村が本人または扶養義務者の所得に応じて決定します。

◎短期入所(ショートステイ)
随時、申し込み可。 お電話下さい。
◇入所・短期入所についてのお申込み・その他お問合せは、直接明日香園へご連絡ください。
 TEL:0744ー54ー4148
 Email:asukaenm@nike.eonet.ne.jp


ボランティア募集
・ふれあいボランティア(主に、利用者とのコミュニケーション)
・その他(例:シーツ交換、清掃、営繕、など)

※時間、ボランティアの内容についても、ご相談させていただきます。


施設平面図
社会福祉法人 壷阪寺聚徳会 明日香園の施設


交通案内

社会福祉法人 壷阪寺聚徳会 明日香園
社会福祉法人 壷阪寺聚徳会 
障がい者支援施設
明日香園
〒634-0141
奈良県高市郡明日香村川原236-1
E-mail:asukaenm@nike.eonet.ne.jp
電話:0744-54-4148
FAX:0744-54-4194
公共交通機関利用の場合
(1)近鉄吉野線岡寺駅より徒歩20分
(2)近鉄橿原神宮前より奈良交通バスー4・5・6系等、岡寺前行「野口」下車、徒歩約5分
お車の場合
国道169号線橿原市より南へ5分。岡寺駅前交差点東へ1000m